偶然の出会い

春休みに入って、デン・ハーグとアムステルダムを訪れました。
デン・ハーグには故あって2回、アムステルダムには意図せざる事情で訪れることになりました。
アムステルダムに来たのは、昨年7月のRSM受験時以来ですので、懐かしい気持ちです。

そして、こうしてアムステルダムに来てみると、これまでなかなか来ることができなかったこともあり、ここにはもう二度と来ないかもしれない、という思いがよぎります。
そんなことを考えると、ふっと一期一会ということに考えが巡り、最近起きたある出会いについて思いを馳せます。

1学期の最終授業のあと、試験前最後のチームミーティングが終って帰ろうとすると、一人の人が暇そうにしています。
何だろう、と思いましたが、通りかかったところに”Marketing Dinner”と書いてある表示があったので、学校でマーケティングに関心のある人たちのディナーがあって、そのお客さんだろうと推測しました。

開会までは時間があって手持ち無沙汰のようだし、こちらも時間があるので、ネットワーキングの練習にと、ふと話しかけてみようと思って、声をかけてみました。

すると案の定ディナーのお客さんで、マーケティングのプロだそうです。
マーケティングの話というよりは雑談だったような気がしますが、色んなことを話しました。
帰り際に是非LinkedInでつながりましょう、ということで名刺をいただきました。
もちろんさっそくNew Connectionです。
こういうプロフェッショナルの人は本当にネットワーキングを大切にしていて、またこういうツールを気軽に使うということを感じました。
学校のキャリア関係の講義でもLinkedInの使い方などの説明がありましたが、腑に落ちました。

留学中に積極的にネットワークの充実に努めたいと思いつつ、一方で英語力の未熟さに躊躇しがちでしたが、拙劣な英語でも挑戦すれば意外にできるということを感じ、少し勇気が出ました。

そういうこともあって、何とかこちらのソーシャルファイナンスや起業の世界に食い込もうと、主にLinkedInで色んな人に接触を図っています。
幸い何人かの方はconnectionを了承くださっているのですが、今後そのLinkedInだけの関係をどのように強いものにしていくかを思案中です。

-----------------------------------------------------------------—-
当カテゴリー「MBA・ソーシャルファイナンス留学記」では、オランダでの留学生活をブログにてレポートするというチャレンジによって、Just Givingを通じて、若者の就労支援を行うNPO「育て上げ」ネットを支援しています。チャレンジの詳細等についてはこちらをご覧ください。
読者の皆様のご理解・ご協力をお願い申し上げます。  

カテゴリー: MBA・ソーシャルファイナンス留学記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。