博士論文審査の結果

口頭試問来たる

退学から論文提出まで

2度目の博士学位申請論文(博士論文)審査に不合格だったため、大学院博士課程を昨年の9月に単位取得退学し、その後論文を修正を続けること半年、4月にようやく3度目の博士学位申請論文を大学に提出できました。ここまでは以前の記事に書いた通りです。

大学院を退学してから論文を提出すると論文博士の扱いになるようで(大学によって扱いが異なるかもしれません)、論文の受理の決定自体に検討のプロセスが入るため、まず受理されるかが心配でした。
もちろん指導教官の了承を得て提出しているので大丈夫だとは思っていましたが、やはり受理の連絡が来るまでは安心できません。

そしてそわそわすること2週間くらいで論文の受理と審査担当者決定の連絡がありました。第一関門というほどのことでもないですが、やはりほっとしました。
そして論文審査の本丸ともいえる口頭試問があるのですが、審査を担当される先生方はご多忙ですし、コロナ禍という状況もありますのでなかなか口頭試問の日程が決まらず、その期間も落ち着きませんでした。
いつでも対応できるように落ち着いて準備をすればいいのでしょうが、仕事や日常生活もあるので決まった期日に向けて準備をする方が気が楽でした。

そして待つこと1か月強、ついに口頭試問のスケジュールの連絡がありました。
あとは気合を入れてイメトレするだけです。
ちなみに口頭試問は博士論文に関するものですので、質問の内容も基本的には博士論文の中から出てきます。そのため、準備は博士論文を読み直し、第三者の視点で疑問点を洗い出す、ということの繰り返しです。
しかし、自分の書いたものとはいえ論文の量は結構多いので、何度読んでも途中で流し読みになってしまい、想定される質問の洗い出しがうまくいかなかった気がします。自分の書いたものとはいえ、どこに何を書いたか意外に覚えていないので油断でしたね。

三度目の口頭試問

口頭試問はその名のとおり、博士論文の内容について審査担当者が質問やツッコミを入れ、申請者が質問に回答し、また自分の考え方の妥当性を説明し、博士論文の価値を証明するものです。
海外ではディフェンスと言われることもありますが、論文の不備や不明確な点を突いてくる審査官から我が子のような博士論文を守る戦いです。

審査担当者が誰なのかは本番になるまでわかりません。
自分の場合もう三度目でテーマも教員の先生の状況も変わっていないため、多分過去二回と同じだろうと思ってはいましたが、審査官の方の専門やキャラクターで雰囲気や説明の内容、ツッコミどころが変わる可能性がありますので、できるだけいろんな視点からのツッコミを考えるようにしていました。

当日は平日で仕事もあったのですが、やはり口頭試問のことがちらついて集中するのが難しかったです。トラブルでもあったら最悪でしたが、幸い何事もなく業務が終わったので落ち着いて口頭試問を迎えることができました。

リモートで自宅での面接なので服装は悩みましたが、少しでも不安要素をなくすためにスーツにネクタイにしました。そして、縁起を担いで地元小田原が誇る無敗の名将・北条氏康をイメージしたスーツで必勝を期します。

そしていざ口頭試問ですが、開始早々にリモートなのでスーツ着なくてもいいし上着脱いだら、と(笑)。
出鼻をくじかれた感もありますが、上着を脱ぐと肩の力が少し抜けてよかったかもしれません。

最初は論文の概要について説明します。大体10分くらいで論文のポイントをまとめます。こちらについては事前に準備ができるのでそこまで苦労はしませんでした。緊張で早口になっていましたが…

そして概要の説明が終わってからが本番。審査官からの質問タイムです。
審査官は学者の先生と実務的専門家からなるのですが、私はどちらの点でも若輩者で自分の実務経験と論文を書く過程で学んだことを拠り所に必死に守ります。
攻め手の圧倒的火力に対して自らの陣地をいかに守るかがカギになりますが、大事なことは自分の陣地を狭く・固くすることだと思います。
学位をとることを目標とした場合、博士論文のテーマは「自分が世界で一番詳しい」という状況にもっていくことができることが大事です。つまり自分が勝てる土俵で戦うということですね。

しかし、複数名の審査官を相手に一人で対峙するというのは精神的に辛いです。
論文の内容に自信があり、準備もしっかりできていれば堂々としていられるかもしれませんが、自分はそこまでの自信はなく、いつ厳しい質問がくるかとドキドキしていました。
そしてその懸念は的中し、論文のコアとなる素朴な質問にもうまく回答できずそこから空回りしてしまいました。

それでも立て直せばなんとか合格はもぎ取れると信じ、その後の質問には丁寧に回答していきました。やはり実務的な部分は経験もありますし、守りやすい分野なので持ち直しやすかったと思います。
必死になって回答していると時間が過ぎるのも早く、気が付いたら所定の時間になっていました。最後の方は致命的な質問がきませんように…と祈ってましたが、何とか致命傷は受けずに回答できたかと思います。実際にどういう評価だったかはわかりませんが。

最後に言いたいことはあるか(処刑か…)、と聞かれたので最初にうまく答えられなかった質問再度回答。それも上出来な回答ではないのですが最善を尽くそうと思って言えることは言っておきました。

これにて口頭試問は終了。とても完璧とは言えないできでしたが、致命傷は負わなかったので何とかなるかな、という希望込みの感触でした。

 

口頭試問の結果

口頭試問が終わると結果を待つだけなので、祈ることしかできません。
ただ待つのみです。

審査の結果は審査官がまとめた後でしかるべきプロセスを経て決定されます。
そのため、それなりに時間がかかりますが、結果を待つ身としては良くてもダメでも早く結果を教えてくれないかな、というのが本音です。

前回は一定期間待ってから不合格の連絡があったので、しばらく連絡がなければ合格、というわけでもないのが辛いところです。

そして待つこと約1か月、ついに大学から連絡がありました。
無事に合格、博士号授与が決定したとのこと。

・・・

・・・

キタ――♪ o(゚∀゚o) (o゚∀゚o) (o゚∀゚)o キタ――♪

 

後日学位記も送られてきて、博士号を取得できたことの実感がわいてきました。

学位記

 

博士論文の取組みは4年以上続けてきたので感慨深いものがありますが、日常や仕事の内容が変わるわけでもないのでインパクトはあまりないですね。
実際、博士号は「足の裏の米粒」=取れないと気になるけど取っても食べられない、と言われたりもするので、特にアカデミアでなければ当然かもしれません。

それでも一定の成果を得られたことは大きな収穫ですし、アカデミアと実務の懸け橋となるという目標に近づくこともできました。
正直なところ、私は法学者でも法曹でもないので、法律論・法学に詳しいわけではありません。それでもそのような実務経験と法学の一定の素養を組み合わせて法律の専門家にはない価値を生み出せるのではないかという考えもあります。
博士号をどのように活かすのかはまさにこれからにかかっているのですが、せっかくなのでユニークな立ち位置で面白い人だといわれるようなことができたらいいと思っています。

博士論文の作成にあたっては指導教官、大学事務室、同業の方々に大変お世話になりました。この場を借りて御礼申し上げます。

これからも頑張りますので、今後ともよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 法学博士課程体験記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。