MBAT2012

5月17日~20日はパリのビジネススクール・HECに欧州ビジネススクールの運動会であるMBATに行ってきました。
今年は13校、約1,300名の参加だそうです。

MBATはスポーツを通じて各校の親睦を図るイベントであると同時に、同時に各校の威信をかけた戦いでもあります。
我が校も忙しい中各種目練習を重ねて本番に備えていたようです。

実は16日23:59がOperation Managementの課題の提出期限で、ギリギリまで粘っていたので、それからの準備となり、かなり寝不足でした(多くのクラスメイトが同じような感じでした)。

ロッテルダムからパリへはバスで向かいます。
パリまでは約6時間。当日にも競技があるため、早朝6時の出発です。
必死に起きて準備して、無事に集合場所へ。

バス
パリへ向かうバス。2階建て。

みんなそろって出発し、高校生の修学旅行よろしく大騒ぎになるのかと思いきや、みんな前日の課題で疲れていたのかほとんどの人が寝ていました。
僕は隣のクラスメイトと話したり寝たり、という感じでした。

結構な長旅(しかもHECはHEC Parisといいながら、市街地からは結構遠いです)を終え、無事に会場に到着。
HECは広大な森林の中に位置し、空気がきれいです。

そして早速受付のあるMBAのビルに。

HEC入口
HEC MBAの建物。きれいです。

さっそくMBATの案内一式をもらいます。

MBATパンフ
構内の地図と食事の引換券。

初日はフットボールとバドミントンがあり、構内が広くてフットボールコートの場所がわからなかったのでバドミントンの応援。

どのチームもいい試合をしていました。
バドミントンはスピード感があるスポーツなので見ていて楽しいです。

ジムから出て見ると、かわいいわんちゃんが待っていました。

わんこ
今日のわんこ。

競技を一通り見終わると、ホテルに行ってしばしの休息。
ホテルは2人一部屋での宿泊だったのですが、同室の人が、かねてより話してみたかった人(PFI/PPPの経験者)だったので、ここぞとばかりに話していました。
PFI/PPPのことのほか、ビジネススクール以外のエラスムス大学で開かれる授業の話、お互いの故郷の話などをしていました。

そしてしばらくすると、ディナー・パーティのために再度HECへ。
運動着からきちんとした服装に着替えていざ出陣。

今年は食事に相当力を入れていたそうで、フランスらしくおいしい食事でした。

Dinner
ディナー会場。多くの人が詰めかけ大にぎわいです。

ディナーが終わると次はパーティ。
ガンガン音楽をかけて、とにかく騒ぎ、踊ります。
こういうパーティは初めてなのでどうしたものかと戸惑いましたが、とにかく周りに合わせて騒いでしました(笑)

Party
とにかく踊ります。みんなノってます。

そのまま12時くらいまで騒いで、そのままバスでホテルへ。
ベッドに直行です。

2日目は自分が参加するドッジボールがありました。
といっても午後なので、それまではバレーボールなどを応援していました。

ビーチバレー
RSM VS TiasNimbas。オランダ対決。

そしてドッジボール。
ドッジボールと言っても普通のドッジボールではなく、アメリカンドッジボールと言って、ボールを同時に6つ使うという慣れない種目です。外野はないので後ろからボールが来ないのは助かります。

ドッジボールは仮装にも賞が出ることになっていたので、各チーム趣向を凝らしていました。
我がチームは、服をオレンジで統一し、顔にオランダ国旗を書きました。

ドッジボール
RSMからは2チーム参加。

最初の相手はマドリッドのIE。
IEは他のスポーツでも戦っており、今大会の好敵手です(戦績はさておき)。

ドッジIE
IEのチーム。マント着てます。

さすがスペインのチームは面白いなー、と思ってみていました。

ちなみに頑張ったのですが惜敗でした。

2試合目はOxford。強敵です。
が、何とか勝ちました。僕はボールをキャッチされてアウトになりましたが。

ということで、自分が出た試合は1勝1敗でした。
ちなみに自分が退いたあとにもう1試合あったのですが敗れてしまい、1勝2敗という形になりました。まあ、1勝できたのでいいかな、というところです。

仮装で特に目を引いたのはLondon Business School (LBS)。
LBSは人数も圧倒
的に多く、どのスポーツも強いのですが、スポーツだけでなくノリのよさでも際立っており、仮装も気合いが入っていました。

ドッジボールLBS
LBS。ただただすごいです。

また、LBSの方が着ている服(運動着、パーカーなど)にはMBAの人が憧れるようなスポンサーの名前が記されていて、さすがLBSというしかありませんでした。
頭よし、ノリよし、体力あり、って…。

そして競技の時間が終わると、2日目もディナー&パーティ。
やはり騒ぎます。本当にみんな元気です。

3日目はHEC在校生の方にHEC構内とパリを案内していただきました。
HECはパリ市街地から離れた山の中にあり、本当に自然豊かです。
また、各種スポーツのコートも充実しています。しかも天然芝!

HEC構内
HECの中の道路。本当に森の中です。

HECフットボールコート
フットボールコート。天然芝できれいです。

HECを見学したあとは、パリの日本人街でラーメンを食べ、日本食の買い物にお付き合いしたあと、アウトレットモール”LA VALLEE VILLAGE”へ。
実はアウトレットモールを見て回るのが結構好きです。

アウトレット
アウトレットモール入口。

かたつむり
なぜかカタツムリがお出迎え。

ダンヒル
憧れのdunhill。

アウトレットモールの中

まさにブランドショップの村です。

多くの有名ブランドのアウトレットショップが並んでいて、色々と惹かれるものがありました(バーバリーのコートが半額!)が、とりあえず好きなブランドの割引されていたポロシャツを2枚買っておしまい。

夜はMBA受験仲間と夕食会をする予定になっていたので、急いでレストランへ。
同席したのはINSEAD(仏)、IMD(スイス)、Edinburgh/ESSEC(英・仏)、HEC(仏)、RSM(蘭)、さらにフランスMBA進学予定者、と多様なメンバーです。
みんな受験のときから励まし合ってきた関係なので、直に顔を合わせることはあまりないにも関わらず、特に緊張することもなくのんびり話せます。
今受験時を振り返っても、本当に素晴らしい仲間でした(まだわずか1年前!)。

夕食のときは、美味しいフランス料理に舌鼓を打ちながら、MBA生活についてそれぞれの学校の様子を話していました。
それぞれプログラムの内容や生活の様子が異なっていて、話を聞いているだけでも楽しかったです。
例えば、INSEAD,HEC,IMDは郊外型の学校、RSMは都会の学校ということで生活の様子も全然違います。
また、学校で食べられるランチの内容も全然違うそうです。

そんな話をしていたらずいぶん時間も経って、日付が変わろうとする頃にお開きに。
その後は各人のホテルや住まいに寄りながら、自分もホテルまで送っていただきました。

マカロン
最後に出たマカロン。美味です。

4日目は11時頃にホテルを出発し、一路ロッテルダムへ。
ロッテルダムに着いたのは18時を回っていたと思います。
7時間、夜行バスの東京ー仙台よりも長いですね。なかなか大変です。

そのまま自宅に帰り熟睡。長い週末が終わりました。

当初の目的の一つであるネットワーキングはあまりできず、残念ではありましたが、一方でクラスメイトとは仲良く過ごせたし、前述の同室の人とも話す機会ができて、大きな収穫がありました。どんちゃん騒ぎ風パーティも経験できてよかったです。

また、何人かの他校の人と話したりしましたが、意外に話せる!と自分のことながら勇気づけられる思いでした。

ちなみにRSMはスポーツ自体では他校を圧倒、というわけにはいきませんでしたが、チームワークの良さではひときわ目立っていて、チアリーディング賞を受賞したと聞きました。
また、他校の方からもRSMの団結の強さを褒められました。
こういうところはまさにRSMの良さですね。

そして、MBATが楽しかったので、HECのMBAT記念シャツを買ってきました。

シャツ
オレンジがRSM特製シャツ、白はHECのMBATシャツ。

HECのシャツを学校に着ていったら、クラスメイトに帰れ!と言われました(笑)

-------------------------------------------------------------&
#45;---—-
当カテゴリー「MBA・ソーシャルファイナンス留学記」では、オランダでの留学生活をブログにてレポートするというチャレンジによって、Just Givingを通じて、若者の就労支援を行うNPO「育て上げ」ネットを支援しています。チャレンジの詳細等についてはこちらをご覧ください。
読者の皆様のご理解・ご協力をお願い申し上げます。

カテゴリー: MBA・ソーシャルファイナンス留学記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。