MBAT前夜

留学するときに気をつけるべきこと、学ぶべきこととして、「自分の常識・経験が絶対的なものではないことを意識する」ということがあると思いますが、過去自分の中で意外だったこととして、「運動会が春に行われることがある」というものがあります。
小学校から高校まで運動会はずっと秋に行われていたので、春に運動会があるという話を聞いて驚きました。

しかし、運動会が春に行われるのは日本だけではありません。欧州でも春に行われる運動会があります。
そのうち、我々にとって最も重要なのは、MBA-tournament、MBATです。

MBATとは欧州のビジネススクールが、パリのビジネススクール・HECに集まって行う運動会で、今年は欧州各国の13のビジネススクールが参加するようです。
ちなみに、MBA生のみでなく、ビジネススクールの他コースの学生、卒業生、家族なども参加できるようです。
毎年HECの方のご尽力で楽しいイベントになっているようで、本当にありがたいです。
IESEの”Doing Good and Doing Well”イベントでも感じましたが、このような大規模なイベントを毎年こなすというのはすごい責任と負担が伴うものでしょうから、本当にすごい能力とリソースを持っているんだと頭が下がります。

種目はサッカーやバスケットボール、ゴルフ、ラグビーなどメジャーなもののほか、ペタンクやアルティメットフリスビー、さらにはチェスまであります。チェスがスポーツだということを初めて知りました。

実はMBATというイベントに受験生のときから関心を持っていて、RSMを選んだ一つの理由はMBATに参加している、というものもあります。

種目にもよりますが、ずいぶん早くから興味のある人が集まって練習している種目もあり、特にMBATが近づいてくると色んな種目を練習している人が見られました。

スポーツの中では野球が好きなのですが、残念ながら欧州なので野球はなく、代わりににたスポーツであるクリケットに関心を持ち、練習に出てみました。

クリケット
クリケット。打ったら走るのは野球と同じです。

投手、打者、野手がいて、打ったら走るなどの基本動作は野球と似ている一方、投げ方が野球と違ったり、ウィケット(打者の後ろに3本の棒が立っていて、それを倒されるとアウト)を守ったりと、違うところもあってとまどったりもするのですが、結構楽しくプレイすることができました。

また、小学生の頃に少しバドミントンをやっていたこともあり、バドミントンの練習にも参加したりしました。

バドミントン
バドミントンは女性の参加者も多いです。

久々のバドミントンでしたが、思ったよりは体が動きました。
もっとも、練習翌日は体の節々が痛かったですが。

練習することによって、運動不足が多少なりとも改善されたこともよかったですが、それ以上に普段話さない人と話すきっかけができたということの方が大きな収穫だったと思います。
スポーツを一緒にしていると、言葉を交わさなくても何となくフレンドリーになりますし、それは日常での関係の円滑化にもつながると思います。

このように2つの種目の練習に参加しましたが、実際に出場するのはなりゆきでドッジボールになりそうです。
しかも、日本で慣れ親しんだドッジボールではなく、アメリカンドッジボールという、 6つのボールを同時に使うという難易度の高そうな種目です。ただ外野は無いようですので、それは救いですね。前見てたらいきなり背中にぶつけられるとかたまりませんから。

会場のHECには学校からバスで行くことになっています。
朝6時半に学校に集合で、数時間かけて会場に着きます。
大人数でバスに乗るというのは修学旅行を思い出させますね。
ちなみに社会人になっても夜行バスにはよく乗っていたので、バスの長旅は結構平気だったりします。

今回は運動会そのものだけでなく、パーティでの色んな人との交流、さらにはMBA受験仲間との再会など色んな楽しみがあるので、充実した時間にしたいです。

ということで、RSM並びに各校の健闘を祈りつつ、荷造りに取りかかろうと思います。

-----------------------------------------------------------------—-
当カテゴリー「MBA・ソーシャルファイナンス留学記」では、オランダでの留学生活をブログにてレポートするというチャレンジによって、Just Givingを通じて、若者の就労支援を行うNPO「育て上げ」ネットを支援しています。チャレンジの詳細等についてはこちらをご覧ください。
読者の皆様のご理解・ご協力をお願い申し上げます。

カテゴリー: MBA・ソーシャルファイナンス留学記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。