Photo Exhibition -The Will for Tomorrow-

2011年3月11日の大震災からもうすぐ1年。
多くの方のご尽力、ご支援により徐々に復興が進みつつあるという話が聞こえてきます。
ことご支援については、日本国内だけでなく、海外からも多くのご支援をいただきました。

外務省によると、これまでに163か国・地域及び43国際機関から支援の申し出があったとのことです(2011年9月15日現在)。

我々は今オランダにいるわけですが、この機会に是非海外の方々に感謝の気持ちとともに被災地の状況をお伝えしたい、と考え、3月5日から23日の間、RSMの校舎にて写真展を開催します。

写真展パンフ

写真展の開催にあたっては、日本人在校生Aさんの友人のフォトジャーナリスト・佐藤慧氏より写真の提供をいただき、また、Nikon Europe B.V.様より後援をいただいております。
また、PRについて、RSMのアドミッションの方々をはじめ多くの方のご協力をいただきました(RSMのNewsletterでも紹介されました)。

この場をお借りして皆さまに御礼申し上げたいと思います。
一方、被災地ではまだ多くの人が支援を必要としています。
特に被災地の次世代を担う子どもたちを育てる親御さんの支援は、長い期間を考えると非常に重要だと思われます。
そこで、写真展期間中には、被災地の大船渡市及び陸前高田市にて子育て支援に取り組んでいる「子そだてシップ」という団体への募金を募ります。
この募金が少しでも被災地の将来を担う子どもたちのサポートになればと思っています。
皆さまもオランダにお立ち寄りの際は、是非写真展にお越しいただき、またオランダにお住いのご家族やご友人にこの写真展のことをお知らせいただければ幸いです。
「明日への意思」が少しでも多くの人に伝わりますように!

-----------------------------------------------------------------—-
当カテゴリー「MBA・ソーシャルファイナンス留学記」では、オランダでの留学生活をブログにてレポートするというチャレンジによって、Just Givingを通じて、若者の就労支援を行うNPO「育て上げ」ネットを支援しています。チャレンジの詳細等についてはこちらをご覧ください。
読者の皆様のご理解・ご協力をお願い申し上げます。   

カテゴリー: MBA・ソーシャルファイナンス留学記 パーマリンク

Photo Exhibition -The Will for Tomorrow- への3件のフィードバック

  1. えんじゅ のコメント:

    SECRET: 0
    PASS:
    被災地の現状をどんどん伝えてほしい。
    特に、観光情報、農産物情報。
    指定区域外はほとんど安全だし、余震も心配ない程度。
    なのに、国内の観光客でさえ、寄り付こうとしない。
    農産物も、厳しい検査に通ったものさえ、売れない。
    多くの街並みは、壊れたまま。
    希望が見えず、仮設住宅では一人また一人と、
    自ら命を絶っていく。
    本当に、地獄だよ。
    自分が生きてることに罪悪感さえ覚える・・・
    ここで愚痴っても仕方のないことだけど・・・

  2. ゆーけー のコメント:

    SECRET: 0
    PASS:
    できるだけこちらからも世界の人に日本の現状を伝えると共に、できるだけ日本に関心を持ってもらいたいと思っています。
    もっとも、(日本にいた時からそうでしたが)海外にいると日本の現状がよくわからなかったりするんですよね・・・

  3. ゆーけー のコメント:

    SECRET: 0
    PASS:
    できるだけこちらからも世界の人に日本の現状を伝えると共に、できるだけ日本に関心を持ってもらいたいと思っています。
    もっとも、(日本にいた時からそうでしたが)海外にいると日本の現状がよくわからなかったりするんですよね・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。