ライフネット生命・出口社長講演会

留学のため日本を発つ日も近づいてきて、今のうちにできるだけ会いたい人にあっておこうといろいろ予定を詰め込んでいる毎日です。

MBAということでビジネスを学びに行くということに加え、将来はソーシャルファイナンス機関を立ち上げたいという思いもあって、今注目されている金融ベンチャーであるライフネット生命の出口社長に是非ともお会いしたいと思っていました。
実は出口社長は歴史にも非常に造詣が深く、また日本の社会構造のあり方についても鋭い見識を主と聞いており、その点でも是非ともお話を聞きたいと思っていました。

といっても、仮にも会社の社長。何のコネもない一サラリーマンが簡単にお会いできる相手ではありません。さあ、どうする?

・・・というのは一昔前の話かもしれません。今なら有名な方にも意外に簡単にアクセスできることがあります。
僕の場合、Twitterで出口社長に「10名以上人集めたら講演していただけますかー」とつぶやいたらOKをいただき、逆に後には引けない状況になって講演会を企画するということになりました

講演の内容は、MBA・起業志望者向け、ということでお願いしたのですが、現在の日本の置かれている状況から詳細に説明いただき(しかもそれが長い人類の歴史の流れの上に位置付けられていて非常に面白い)、その中で若い世代がどのように生きるべきかをお話しいただきました。

講演のポイントについて、少しご紹介します。

世界の中(世界経営計画のサブシステムの中)で自分をどのように位置づけるかを意識する
 特に起業をしたい人は、自分が何をしたいのか、何ができるのか、そして「世界をどのように認識し、そのどの部分をどのように変えたいのか」を明確に認識しなければいけない。

起業をするには人を集めることが大事。そして、思いが強ければスーパーマンだって仲間になってくれる。自分だけでリーダーシップを発揮する必要はなく、チームとしてその機能を果たすことができればよい。この点、ロード・オブ・ザ・リングは大変参考になるとのこと。

・アイディアはmonetizeすること。数字・ファクト・ロジック
 この3つは、物事を正しく理解するためにも必要。国語(ざっくりとした思考)ではなく、算数(ファクトに基づいた論理)で考える

・人と違うことを考えよう。人と違うことを考えなければ儲からない

・10年先を詠める人間なんてほとんどいない。計画もよいが、常に帆を張って、風が来たらすぐに出航する準備をしていることと、健康管理に配慮することが大事

人から学ぶ、本から学ぶ、旅から学ぶ
 多くの人に話を聞く、本(特に古典)を著者の思考を追体験するように読む。

・MBAと起業の間に相関関係はあまりないが、いずれにせよ語学は必要。
 語学ができると情報の選択肢が広がる。外国紙の見出しが読めるだけでも全然違う

・ライフネット生命は自宅で飲む缶ビール、既存の保険会社は居酒屋のビール。
 ライフネット生命はとにかく原価に近い価格でのサービス提供を目指している。

全ての人ではなく、6割の人が賛成すれば世の中は動かせる。どんなことでも6割でOKと考える。
 逆に言うと、6割の人を説得できなければ何もできない

・欧州の歴史を学ぶなら、トニー・ジャット「ヨーロッパ戦後史」がオススメ。
 日本史なら「クアトロ・ラガッツィ」「昭和史」を読むとよい。

ちきりんさんの本もオススメ!!

・商売をするなら自分を売ること、すなわちファンを作ることが重要。

楽しく仕事をしてもらうには、その仕事がしたい人にしてもらえばよい
 どんな職種でも、その仕事が好きな人はいるので、そういう人を対象に募集をかける。

講演会後には懇親会にもお付き合いいただき、いろいろお話を伺うことができました。
本当に見識が深く、どのような話題にでも対応いただけて非常に楽しかったです。

出口社長は生命保険や起業だけでなく、歴史や旅行など様々なテーマで講演されているとのことですので、関心のある方は是非コンタクトを取って講演を依頼されてみてはいかがでしょうか。非常に深くて面白いお話を聞くことができると思います。

講演の内容も有意義でしたが、自分で講演会を企画して、人を集めて、場所を確保したりコスト計算したり、という経験も非常に有意義でした。
こういう、自分が何かに強くコミットして、能動的に動くということがリーダーシップなのかな、と思ったりもしました。

MBA在学中も人を読んで講演をお願いする機会は多いと思いますが、この経験を糧に、積極的にコミットしていきたいと思います。

出口社長、ご多忙中ありがとうございました!!

ちなみに、MBA留学仲間のわっきーさんにこの講演会についてブログで触れていただきましたのでご紹介しておきます(こちら)。

カテゴリー: MBA パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です