今一度目標校を設定

最近、IELTSの目標点を取るべく勉強していますが、改めて目標校を設定してみたいと思います。

とりあえず、現実的な志望校ということで。

1.Manchester

2.HEC

3.Warwick

4.City

5.Cranfield

6.ESADE

7.Lancaster

8.Nottingham

---------------

9.Imperial

10.Edinburgh

やっぱり欧州に行きたいです。

欧州には日本のモデルとなるシステムが多いですし、生徒の多様性も欧州がほかの地域の学校に勝るようです。

欧州の中でも、伝統があり卒業生のネットワークが期待できるのは、英仏の学校と考えられ、自分が現実的に合格可能な学校の中では、ManchesterとHECが特に伝統とネットワークを誇ると思われます(主観です)。

また、両校ともインターンや交換留学が充実しており、特にHECは多くの学校とのDouble/Dual Degree制度まで備えられています。

Warwickは大学・MBAの知名度のほか、インターン・交換留学両方を揃えていることが魅力です。

Cityはロンドン・シティにあり、金融分野に強みがあり、自分のキャリアプランに合致します。

Cranfieldは産業界の評価が高く、またプログラムのタフさにも定評があるようです。

ESADEはランキングの高さ、社会的責任分野に強みがあり、またインターン・交換留学を備え、これも自分のキャリアプランに合致します。

Lancasterも実践的なプログラム、交換留学など十分な魅力を備えています。

NottinghamはCSR分野がダントツで強く、CSR専門のMBAコースもあることから興味を持っています。

是非ともこれらの学校に入り、自分の目指すキャリアプランを達成できるように頑張りたいと思います。

カテゴリー: MBA パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。