ノーベル平和賞に中国民主化運動家の劉暁波氏

本日発表されたノーベル平和賞に、中国の民主化運動家で、現在中国政府に監禁されている劉暁波氏が選ばれました(劉氏にメッセージを送ることができるノーベル賞公式サイトはこちら)。

劉氏は中国で高等教育を受けた後、欧米で教育・研究活動を行っており、その海外経験が民主化運動の情熱につながったのかな、と思います。

彼の著書などを読んだことがないので正確なことはわかりませんが。

劉氏は天安門事件や2008年の「零八憲章」などによって中国政府より罰されていますが、それに屈せず民主化運動を続けている闘士だそうです。

零八憲章では、中国の民主化や基本的人権の尊重、三権分立などを求める内容が盛り込まれています。

現在の日中関係の中で、中国の政治体制が問題視される場面もありますが、中国が民主化する中で、日中の本当の歴史などが中国で理解されると、日中関係ももう少しうまくいくのではないかと期待しています。

そのような期待をするゆえに、今回の劉氏の受賞には大いに賛意を表したいと思います。

また、ノーベル平和賞とは別に、このような苦難に何度も遭遇しながらも節を曲げない劉氏の信念の強さに心より敬意を表したいと思います。

また、ノーベル平和賞については事前に劉氏を選出しないようノーベル賞委員会に圧力をかけていたとも報じられており、そのような圧力に屈せず劉氏に受賞した委員会にも拍手を送りたいと思います。

低迷しているといわれながらも莫大な知的財産や信頼を有している日本、高成長を遂げつつも国内情勢に不安材料を持っている中国。

この中国と日本という大きな可能性を秘め、また長い交流の歴史を持つ二つの国が心より協力し合うことができれば、想像を超えるシナジー効果が生まれると思います。

そして、お互いが理解しあうためには、自由に情報を取得・交換することができるということが前提になります。

その前提を作るために、劉氏の活動は必要不可欠なものです。

今回の劉氏の礎が日中の友好と繁栄の礎になることを切に願います。

カテゴリー: 時事テーマ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。