IELTSの問題を解いてみた

もうすぐ初めてのIELTSの試験です。

ということで、最近IELTSの公式問題集を解いています。

まだ手をつけているのはListeningとReadingのセクションのみですが、意外に問題が解けます。

リスニングは不安でしたが、むしろリーディングよりできる感じがしました。

ただ、数字の読み取りは要注意だと思いました。

リーディングも読むのは案外簡単でした。

が、問題はスピード。

問題文の概要を把握しつつ、正確な回答を行わなくてはいけません。

特に難易度が低いとされる最初の方で失点するのはNGです。

スピードと正確性の両方をもっと求める必要があります。

Writingは、モデル回答の読み込みで必要なポイントを理解しようと思います。

英文には望ましいとされる構文があるようで、それを覚えたら結構いけるかもと期待しています。

Speakingは毎日の英会話レッスンの継続で対応します。

今日はラッキーなことにマンツーマンの授業だったので、ビジネスなどについて会話しました。

この感じでいけば、スピーキングも乗り切れるかも、と期待しています。

このセクションも課題は多いですが、ボキャブラリーと文法はしっかり押さえたいです。

もちろん、流暢さや発音のきれいさも全然ダメなんですが。

イメージとしては、L7.0 R7.5 W6.5 S6.5 でTotal 7.0 を目指します。

7.0あれば、 ほとんどのMBAコースの要求水準をクリアできます。

ただ、最近一部のトップクラスのMBAがIELTSスコアの要求水準を7.5に挙げているという情報もあるので、もしかしたら7.0では不十分かもしれませんが。

せっかくこれまで頑張ってきたのだから、あと少し頑張って、MBAへの道を一歩ずつ進みたいと思います。

カテゴリー: 英語 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。