「ゲリラ豪雨」是か非か

局地的な集中豪雨を「ゲリラ豪雨」と呼ぶことについて議論が起こっているようです。

曰く、「戦争を喚起する言葉はよくない」とのこと。

Yahoo!でも投票がありました。

私が投票した時点での結果は、8割の人が問題ないと感じているようでした。

私も問題ないと思います。

確かに軍事用語ばかり使っているとよくないのかもしれませんが、これは単なる言葉狩りな気がします。

戦争や平和について真剣に考えるなら、こんなことではなくもっと考えることがあるだろう!

第一、我々が普段使っている言葉にも軍事用語はたくさんあります。

「地雷を踏む」「爆弾発言」「集中砲火」「橋頭堡」等々。

別にこれらの言葉を使ったからと言って、軍国主義者と言って批判する人はいないでしょう。

誰が始めた批判か知りませんが、これはちょっとなあ・・・

カテゴリー: その他生活等関連 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。