ローマ人の物語を読んで(ハンニバル戦記)

塩野七生氏の「ローマ人の物語」シリーズを読み続けています。

第二次ポエニ戦役でカルタゴの武将・ハンニバルがローマを圧倒しています。

しかし、こんなに強いハンニバルもローマのシステムの前にいつかは屈するのか、と思うと、やはりシステムというのは強いと思わざるを得ません。

今、融通が利かない、仕事が遅いなど官僚制に対する批判が高まっていますが、個々の改善の余地はあるとはいえ、やはり官僚制を生み出した歴史というのはすごいし、大きな組織を運営するには官僚制をベースにしなければならないと改めて感じました。

ローマ人の物語 (3) ― ハンニバル戦記(上) 新潮文庫/塩野 七生
¥380
Amazon.co.jp
ローマ人の物語 (4) ― ハンニバル戦記(中) 新潮文庫/塩野 七生
¥460
Amazon.co.jp
ローマ人の物語 (5) ― ハンニバル戦記(下) 新潮文庫/塩野 七生
¥420
Amazon.co.jp
カテゴリー: 歴史人物(世界史), 読書 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です