中古PCに挑戦

4年前に購入したPCが寿命を迎え(ファンの調子が悪く、キーボードも壊れた)たため、新たにPCを買うことにしました。

が、新社会人で貯金も多くなく、どうしたものか・・・

で、考えたのが、中古のPCを買おう!ということでした。

最近は、デルなど安いメーカーもありますが、それすらも厳しい状況でしたので。

ということで、電機製品の聖地・秋葉原へ。

やはり秋葉原は電機関連の店が多いですね。

中古PCの店も本当に多かったです。

というより、中古PCだらけです。

で、色々見た結果、40,000円で中古PCを購入することにしました。

サービスでメモリを128追加していただき、384mbになりました。

XPだし、384だし、DVD見れるし、いいかな、って感じです。

が、ひとつ注意点。

XPが入ってても、officeが入ってるわけではないので、たいていの場合、officeを別に購入しなければ、ワードやエクセルは使えないんですね。で、別売りのofficeは10,000円くらい。安く売ってる場合でも5,000円はかかるようです。

まあ、購入しても安いものといえなくもないですが、実は買う必要があまりなかったりもします。

というのも、officeのオープンリソースがネット上でダウンロードできるからです。

ワード、エクセル、パワーポイント(と同じもの)などが使えます。

ほとんど機能や表示が同じなので、抵抗がなければ便利です。

しかも、ワープロ機能に関しては、PDF作成も可能です。

ちなみに、ホームページ作成ソフトにも同様のものがあるようです。

ということで、新たにPCを購入しようとお考えの方は、中古PC+オープンリソースofficeという組み合わせも考えてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: その他生活等関連 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。