就職活動・社会人1年目を頑張るあなたへ(生活編)

この時期になると、社内外でリクルートスーツに身を包んだ学生さんをよく見かけ、その都度自分の就職活動時代を思い出します。

また、新年度が近いので、自分が社会人になりたての頃のことも頭に浮かびます。

 

そして、昔のことを考えると、最初に出てくるのが失敗したこと。

大きな失敗、小さな失敗、それぞれたくさん重ねたことも今では良い思い出です。

 

でも、できるならそのような失敗はしない方がいいのは当然のこと。

このブログは「就職活動日記」と称して就職活動にまつわる事柄をつづるものでした。

そこで、今回は「今の自分から就職活動時・社会人になりたての頃の自分に送るアドバイス」という内容で、何かしら就職活動や社会人1年目を頑張っている方にお役に立つことをお伝えできればと思います。

自分は就職活動も社会人1年目も全然うまくいかなかった人間ですので、人様にアドバイスをするなんておこがましいことは言えません。

あくまで過去の自分に対するアドバイスとしていることをご承知おきください。

そして、自分の意見が正しいとも思いませんので、気楽に読んでいただき、なるほどと思ったところだけ役立ててもらえればと思います。

 

では、過去の自分へアドバイスを送ってみたいと思います。

 

【生活について】

1.ネクタイは洗えない

就職活動や社会人になってネクタイをする頻度が上がると、ついついネクタイを洗いたくなることがあると思います。

そう思わずとも、間違ってネクタイを洗濯機に入れてしまうこともあるでしょう。

しかし、ネクタイを洗濯機に入れてしまったが最後、もしゃもしゃ(?)になって二度と使えません。

お気に入りのネクタイがあれば、それはクリーニングに出しましょう。

※洗濯機で洗う方法もあるようですが、難しいようですので気を付けた方がよいと思います。

 

2.ワイシャツは形状記憶が便利

スーツを着る仕事をすると、原則として毎日ワイシャツを着ることになります。

ワイシャツを着るのであれば、しわがあっては身だしなみとしてはアウト。

そのため、アイロンを毎日かける必要がありますが、アイロンをかける時間と手間は案外負担になります。

形状記憶のワイシャツを着ると、その手間が省けて大変便利です。

私は形状記憶のワイシャツを着ない場合はスリーピース(ベスト)を着てワイシャツのしわを隠しています(笑い)。

 

3.スーツの靴下は黒系

就職活動をしていると黒のスーツを着ていると思いますが、黒のスーツには黒の靴下が基本です。

グレーやブラウンなどは許容範囲だと思いますが、白やピンクは就職活動中の人や若手にはハードルが高い気がします。

おしゃれですし、個人的にはいいと思うのですが、就職活動や社会人になりたての頃は黒やグレーが無難かと思います。

 

4.足元は見られている

よく言われることですが、足元というのは案外よく見られているものです。

自分も電車に乗っているときについ人の足元を見たりします。

高い靴を履く必要はないですが、服装・体形にあった靴を履き、靴の手入れをしっかりすることは大事です。

時間や手間をかけなくてもいいので、靴墨などを使ってきれいにしておくと安心です。

 

5.お酒は飲みすぎない

社会人とお酒はある意味切っても切り離せないものかもしれません。

ストレス解消、友達付き合い、会社の飲み会などなど、お酒の出番は多いです。

しかし、そこで飲みすぎて人に迷惑をかけるのは言語道断ですし、二日酔いになって会社に行けなかったり、満足に仕事ができないというのも社会人失格の誹りを免れません。

自分に合ったペースや酒量を把握し、適度に飲むとともに、ときどきお水やお茶を飲みながらお酒を楽しむといいと思います。

 

6.野菜を摂る

忙しかったり、財布が苦しくなると食費の中で削られやすい野菜。

特に最近は野菜が高くなっているのでそういう人も多いのではないかと思います。

しかし、野菜には健康を維持するための栄養素が豊富で、それを削るといずれは健康に悪影響が出ます。若いうちは健康を気にしなくても健康診断では問題がないかもしれませんが、徐々に健康状態の悪化は健康診断にも表れてきます。

そして、一度失った健康は、回復するのに時間がかかったり、場合によっては元に戻らなかったりします。

健康はお金で買うことは難しく、そして我々の生活に非常に大きな影響があります。

だからこそ、できるだけ健康を意識した食生活を維持することが重要です。

 

7.習慣を作る

仕事を始めると学生時代とは変わって忙しくなり、生活がズボラになりがちです。

しかし、日々を充実したものにするためには、できるかぎり生活のリズムを整えたいところ。

そこでおすすめなのは、何か習慣を作ること。

習慣を作れば、それをしなければいけないというある種の強迫観念が生まれ、自ずと生活のリズムが整えられます。

時間まで固定すると、否が応にも生活のリズムは一定のものになります。

例えば、毎朝6時に走るというのが習慣になると、前日寝るのが遅くても、朝は6時に走るように体が自然と調整され、その日のリズムがリセットされます。

運動でも勉強でも、食事など生活の一部でも何でもいいのですが、できるだけスキップすると自己嫌悪してしまうようなものがおすすめです。そうするとスキップしないようになるので。

もちろん、自己啓発や運動など、自分のレベルアップにつながることとリンクさせると効果は大きいと思います。

 

 

以上、就職活動時及び社会人1年目のときの自分に送りたいアドバイス(生活編)でした。

続編もお楽しみにー。

カテゴリー: ブログ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。