RSMのDeanがやってきた

グローバル企業のビジネス同様、アジアに重点を置くRSM。
先日ついにアジアオフィスを台湾の台北で立ち上げ、アジアでの学生募集や企業・学校とのコネクション強化を図ろうとしているようです。

ちなみになぜ台北なのかというと、RSMのブランド力は台湾でかなり強く、多くの人がRSMのことを知っていること、RSMの卒業生が台湾に多いこともあって企業との関係も強いから、だそうです。
実際我々の年も台湾人のクラスメイトがかなり多かったです。

さて、そのRSMが今年も日本その他アジア各国で説明会を行いました。
今回はDean(ビジネススクールのトップ)やキャリアセンターの責任者が来るという力の入れようです。

東京ではこの土曜日に入学を検討されている方に対する説明会がありました。
結構な数の方がいらっしゃったようで一安心です。

その後、卒業生たちが集まり、DeanたちとどのようにしたらRSMをよくすることができるか議論。
やはりRSMはまだ日本における知名度が低く、いかに知名度・ブランドを高めていくかが課題というところに落ち着きました。
これ自体は超有名校を除く多くの学校が共通して持っている課題だと思います。
まあ、自分のできることとしてはとりあえずブログを通じてPRしていくことだと思いますので、自分の留学後の動向も含め、徒然なるままに書き連ねていこうと思います。

その後、みんなで飲み会に。
和食の美味しいお店です。

飲み会では、卒業生の方とお仕事について話したり、オランダやクラスメイトとの思い出話を話したり、あるいは今後の日本でのChapterの活動について議論したりしました。

オランダ出身の卒業生も参加していて、その人が欧州有数のソーシャルファイナンス機関で、私がオランダに行く契機ともなったトリオドス銀行を知っていたのは嬉しかったです。

アジアオフィスの代表とは現在RSMが抱える課題について話しました。
私も同様の懸念を抱いていたので、何かできることがあれば貢献していきたいと思っています。

とにもかくにも、楽しいひとときを過ごすことができました。
これから多くの人にRSMのことを知ってもらえるように頑張ろうと思います。


みんなでピース。これからも盛り上げていきます!

カテゴリー: MBA パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です