就職活動戦線異状アリ!?(2013年1月編-1)

昨年末に帰国し、東京を離れてからはずっとインターネットに張り付いて、求人案件・エージェントの検索→エージェントへの連絡→エージェントとの電話面談→応募というプロセスの繰り返しでした。

前職は資産運用会社でコンプライアンスの仕事をしていたのですが、現在は社内外の色んな人とコミュニケーションをとって、知見や人間関係を広げつつ経験を積むことができるような仕事を探していて、主に広報・IR/CSR/経営コンサルティングといったポジションを検討しています。

しかし、留学してMBA課程を終えたとはいえキャリアチェンジは容易ではありません
MBAの価値がそれほど評価されない(留学して英語ができるようになった+α程度)うえ、中途採用のニーズが多い時期は8・9月頃ということで、最近は年度末が近いということもあるのか求人案件が少ない時期になっています。
そのため企業側の応募者を見る目も厳しくなっているようです。
結果として、経験が2年程度ある広報・IRでもなかなかエージェントが相手にしてくれないということが続きます。

実際広報・IRのポジションは20くらいはエージェントに応募したいという希望を伝えましたが、8割くらいは応募できないという返信です。
そして残りの2割は応募してくれるのですが、経験不足ということで書類選考が通りません。やはり職歴の壁は厚いです。

そんな感じで1ヶ月ほど過ごしていたのですが、ある案件(IRポジション)にどうしても応募したくて、エージェントに断られた案件を別のいくつかのエージェントに打診を続けていたところ、あるエージェントが応募してくれることになりました。

その企業は人気企業のため相当な競争が予想されることから、志望動機や自己PRなどもしっかり準備して書類を提出しました。

すると、多くのエージェントに断られ続けたにもかかわらず、面接に呼んでいただけることになりました
エージェントのほとんどが「競争は激しく、2年程度の経験では相手にされない」と言っていましたが、場合によっては経歴以外のポテンシャルも見られていることがあるのだと感じました。
他の断られた案件もその可能性があると思うと、とにかく興味のある案件は応募してみるのがいいのかもしれません(エージェント側は迷惑かもしれませんが…)。

ということで、1ヶ月ぶりに東京に行くことになりました。
貧乏無職なので夜行バスで。仙台-東京3,000円と格安でした!

せっかく東京に行くなら面接1件だけではもったいないと、できるだけ多くの人に会うように計画していきました。

そして、ついに東京へ…(つづく)

-----------------------------------------------------------------—-
当カテゴリー「MBA・ソーシャルファイナンス留学記」では、オランダでの留学生活をブログにてレポートするというチャレンジによって、Just Givingを通じて、若者の就労支援を行うNPO「育て上げ」ネットを支援しています。チャレンジの詳細等についてはこちらをご覧ください。
読者の皆様のご理解・ご協力をお願い申し上げます。

カテゴリー: MBA・ソーシャルファイナンス留学記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。