2013年の目標

私事ですが、1月2日は私の誕生日で、本日で29歳になりました。
20代最後の1年を迎えるにあたり、今年の目標を考えてみたいと思います。

1. 健康管理

帰国後から風邪気味で大晦日には風邪でダウンしてしまい、年明けも体調が芳しくありませんでした。体はだるく、食欲もなく、たかが風邪とはいえ大変でした。
体調を崩すと普段の健康のありがたみがよくわかります。やはり体は資本です。
体調が悪いと何をするにも効率が悪いですし、そもそもやる気もわきません。
ということで、今年の第一の目標は健康であるということです。

ついでにスリムアップも図りたいところですね。

2. 仕事を見つける

帰国してからのんびりモードに入っていますが、先立つものはお金ということで、いつまでものんびりしている訳にもいきません。
とはいえせっかく留学したのだから、自分のゴールに結びつく仕事を見つけたいもの。
具体的には広報やコンプライアンスを軸にCSRに関わっていきたいと思います。
幸い広報の経験はありますので、広報・CSR活動の経験とMBAの経験をうまく活用して次のキャリアを切り開いていきたいと思います。

あまり人に心配をかけないためにも、なんとか4月から働けるようにしたいところです。

3. 多くの人と話す

将来の夢を実現させるために必要なことはたくさんありますが、特に大切なことは自分の見識を広げることと、自分の夢に具体性を持たせるための情報を得ること
そして色んな人とお会いする中で新たな分野に挑戦する機会や面白いアイデアを見つけていきたいと思います。

以前に多くの人とお会いしてプライベート名刺を配るという挑戦をしていましたが、今年もその挑戦を続けたいと思います。

今年も新規の100名の方にお会いしてお話を聞くことを目標に頑張っていこうと思います。

4. 本を読む

自分の見識を広げるため、また人に提供できる引き出しを増やすためにはインプットを増やすことも重要です。
そのためにまず行うべきは本を読むことだと思います。

とりあえず、各種書籍の合計で年間50冊を目標にしようと思います。
歴史の本が好きですが、歴史の本だけでなくビジネスや古典などの書籍も積極的に読んでいきたいところです。

5. 情報発信

留学中は留学生活についてブログなどで情報発信を続けていましたが、その理由は2つあります。
1つは情報発信をする中で自分の考えを整理することができること。
もう1つは情報発信をすることで同様の関心を持っている人を引きつけることができること。

実際にブログを書くことで留学生活の備忘録になると共に自分がどのように変わったかを整理することができましたし、またブログの記事を読まれた方からご連絡を頂いたこともあります。

このような情報発信の重要性は今後も変わらないと思います。

そのため、今後は自分のキャリアのゴールであるソーシャルファイナンスその他の分野で情報発信を積極的に図り、多くの人との接点を持つことができるようにしたいと思います。

現在私が持っている情報発信のツールは、
・本ブログ
・Twitter, Facebook等のSNS
・歴史メルマガ

本ブログではソーシャルファイナンスなどの関心事や日常において気づいたこと、SNSではやはり自分の関心事を適宜日本語ないし英語で発信、さらに滞りがちだった歴史メルマガも少し発行頻度を上げて歴史の分野でも人とのつながりを求めたいと思います。
歴史メルマガは5回以上の発行を目指します。

6. 英語力の維持・向上

1年間留学をする中で多少向上した英語力ですが、日本語にどっぷりの3週間であっという間に錆び付いていることが判明しました。
そのため、今後も意識して英語に触れる機会を作らないとせっかく向上させた英語力もすぐに元に戻ってしまいます。

そこで、できれば英語を使う仕事を求めると共に、プライベートでもオンライン英会話を再会する、英語のウェブコンテンツを見る、英語での情報発信を行うなどの取り組みを続けたいと思います。

1年の計は元旦にあり、ということで元旦に初詣に行った時に神社の鐘を突いてきました。
鐘の音を聞くと一切の苦から逃れ、悟りを開く効果があるそうです。

読者の皆様におかれましても、今年1年健康に、お幸せに過ごされることをお祈りいたします。

-----------------------------------------------------------------—-
当カテゴリー「MBA・ソーシャルファイナンス留学記」では、オランダでの留学生活をブログにてレポートするというチャレンジによって、Just Givingを通じて、若者の就労支援を行うNPO「育て上げ」ネットを支援しています。チャレンジの詳細等についてはこちらをご覧ください。
読者の皆様のご理解・ご協力をお願い申し上げます。

カテゴリー: MBA・ソーシャルファイナンス留学記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。