帰ってきました!!

ロッテルダムを12/7に発ち、初めての東南アジア・クアラルンプールで数日間滞在し、ついに東京に帰ってきました。

東京に帰ってきたのは2週間前なので今更ですが(汗)

当たり前ですが、成田空港では全てが日本語。和食もたくさん。
ありがたいですねー。

成田空港で食べた帰国後最初の食事はたこ焼きでした。
関西人としてはやはりたこ焼きは必須です。

たこやき
たこ焼きをポン酢と大根おろしで。

日本に帰ってきて日本食を食べて和んで、やはり自分は日本人なんだと思います。
オランダ生活も便利で快適でしたが、やはり自分には日本が一番快適です。

日本に帰ってきても英語で話す癖が抜けず、人に話しかける時には一瞬英語で考えてしまったり、人にぶつかった時つい「Sorry…あ、すみません」となったりします(笑)
そんなとき、英語を話すことがないのが寂しくなったりします。散々苦労した英語ですが、使わないとそれも辛いものですね。

日本に帰ってきて違和感というのはまだそれほど感じていないのですが、そのとき感じたのは、
・日本にはFree WiFiが少ない
・日本人はスーツが多い
というところでしょうか。

オランダではカフェやレストランなどで誰でも使えるWiFiが完備されていることが多かったのですが、日本では特定の会社と契約している人だけが使えるWiFiが多く不便に感じます。
ただ、ファミリーマートに入るとFree WiFiが提供されていて大変助かりました。こういう動きが広まってくれるとありがたいですね。

あと、やはり日本ではスーツの人の姿が目立ちますね。日本にいた時は自分もそうでしたし、違和感を感じることもなかったのですが、オランダではジーンズにシャツという装いで仕事をしている人も多かったです(RSMのスタッフにもそういう人は多かったです)。
そんな姿を見ると、「なぜみんなスーツを着ているのだろう?」という疑問を感じたりもしました。
まあ、私はスーツが好きなのでこれからもスーツを着ると思いますが、環境や仕事のスタイルに応じて(一定の範囲内で)もっと快適な服装が許されてもいいのではないかと感じたりします。

今後はしばらく第二の故郷である仙台でのんびりしながら、次のステップに向けて動いていきたいと思います。

-----------------------------------------------------------------—-
当カテゴリー「MBA・ソーシャルファイナンス留学記」では、オランダでの留学生活をブログにてレポートするというチャレンジによって、Just Givingを通じて、若者の就労支援を行うNPO「育て上げ」ネットを支援しています。チャレンジの詳細等についてはこちらをご覧ください。
読者の皆様のご理解・ご協力をお願い申し上げます。

カテゴリー: MBA・ソーシャルファイナンス留学記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。