MBAアプリカントとの交流

ここのところ、人間関係の拡大を図るため、新たな出会いを作って障がい者の就労を支援する取り組み を行っているのですが、進捗がありましたのでご報告します。

ご関心をお持ちになりましたら、寄付やコメントなど頂ければ幸いです。

最近は嬉しいことに、MBA受験生とお会いする機会が複数回ありました。

サステナビリティに関心のある受験生で集まって話そう、という趣旨の会でした。

最近の新しいMBA受験生との出会いは3人。

一人は元国家公務員で現在コンサルタントをされている方。

一人は、現在フリーランスでIT関連の業務をされている方。

そして、現在プロボノ活動(?)に携わられている方。

元国家公務員の方はやはり公務員らしく、パブリックへの貢献ということを強く意識されていて、何が本当の意味でパブリックに貢献することなのか、ということを考えてコンサルタントに転身されたそうです。

経済・金融に関する知識がすごいのはもちろん、国際協力業務にも関わっていらっしゃったそうで、開発関係についてもいろいろお話を聞きました。

自分の将来のキャリアパス候補でもあるFAS業務にも関与されているので、そちらの方もいろいろお話を伺え、大変有意義でした。

フリーランスの方は、ずっとMBAを意識されていて、経営の勉強をするという意味もあってフリーランスでIT業務を行われているとのこと。税金や保険、あるいはバランスシートのことを意識するようになって、大変勉強になっているそうです。

「フリーランスって一種の起業だと思うのですが、怖かったりしませんか?」と伺ったところ、「ITの世界では一般的な働き方だし、いろんな方の協力があるので何とかなる」とおっしゃっていました。
とはいえ、やはりすごいです。

プロボノをされている方にはいろいろ活を入れていただきました。曰く、「変わろうとしてアクションを起こさない人間は変わらない。自分が経営者なら、思いだけでアクションがない人間は使わない」、と。

これは耳が痛かったです。アクションを起こしていないとまではいわないにせよ、肝心なところで足踏みしている自分に良い薬となりました。

MBA受験生の方々と話していて感じるのが、皆さんお金を稼ぐ、ということだけではなく、どのように人・社会の役に立つかということを強く意識されているということ。

先日のプロボノイベントでもそうでしたし、これまでお会いしてきた方の多くが社会への貢献を絡めて自分の夢を語ってらっしゃいました。

こういう方々との出会いは本当に素晴らしいものです。自分も留学したら多くの同志と出会い、そして多くの人に自分の経験を還元できたらと思います。

というわけで、名刺を配る旅は31枚目まできました。あと69枚。あと3か月でどこまで行けるかわかりませんが、頑張ります!

カテゴリー: Just Giving パーマリンク

MBAアプリカントとの交流 への2件のフィードバック

  1. isshi のコメント:

    SECRET: 0
    PASS:
    初めてお会いできて大変嬉しかったです。ゆーけーTOWNやメルマガ、ブログなど、ゆーけーさんのOUTPUTは、いつもすごいなと思うばかりで、また同時に、日々送信されるメッセージを楽しみにしています。メルマガ登録しました。また今後ともお付き合いのほど、宜しくお願い致します。

  2. ゆーけー のコメント:

    SECRET: 0
    PASS:
    >isshiさん
    コメントありがとうございます。
    こちらこそお会いできて大変良かったです。
    当方のコンテンツもいろいろご覧いただいているとのこと、非常に光栄です。
    メルマガも適宜発行していきたいと思いますので、ご愛顧のほどどうぞよろしくお願いいたします。
    同じ東京勤務同士ですので、お気軽にお声掛けください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。