MBA友の会 Welcome Back Party

9月4日は、MBA友の会の主催で今年卒業の方をお迎えするWelcome Back Partyに参加してきました。

場所は、現代日本文化の聖地?秋葉原。

MBAと秋葉原?と疑問に思う向きもあったようですが、これから日本を世界に発信していくうえで秋葉原は外せない、ということで秋葉原になった模様。

秋葉原の小さなクラブが会場だったのですが、秋葉原感いっぱいでした。

集まったのは約60人。今年卒業された人、アプリカント、卒業生など様々でした。

卒業生はほとんどアメリカで、一人欧州の方がいらっしゃいました。あと、インドの方もいました。

ゲストは、ブランドマネジメントのプロで、現在内閣官房内閣広報室参事官として世界に日本をアピールされている加治慶光氏でした。

日本の広報戦略やダボス会議での様子などをいろいろ伺いました。

ダボス会議では、インドが大規模なアピールをしたようで、インドの勢いと広告の質の高さを感じさせられました。

また、秋葉原らしく、オタ芸のライブがあって、みんなで一緒に踊ったり叫んだりしていました。

いい年した大人が・・・と思いながらも、こういうノリって大事なんだろうと思い、中途半端ながら踊ったり叫んだりしていました。

ちなみに、その掛け声はMIXというらしく、「タイガー、ファイヤー、サイバー、ファイバー、ダイバー、バイバー、ジャージャー」と叫びます。魂の叫びというだけで、意味は特にないらしいです。

出席者との歓談では、例のごとくなかなか話しかけられないのですが、面識のある人も何人かいたので、ご挨拶しておきました。

あと、米国トップ校を卒業されて帰国されたばかりの方ともお話しました。2年制ということでRSMとは事情が異なりますが、生活への慣れ方や就職活動の仕方などいろいろお話を伺うことができました。

ちなみに、後日その方のことを調べてみると、濱口塾の卒業生かも、という感じでした。

あと、アプリカントの方とも歓談。一流企業にお勤めですが、自分の専門領域を見つけたい、ということで留学を志望されているとのことでした。

また、欧州トップ校ご卒業の方ともお話。最期にちょっとお話しただけでしたが、欧州MBA同士での交流の仕方などを伺いました。

そうそう、クラブを運営されている社長さんとも名刺交換をしました(お若くてきれいな方でした。言葉づかいもすごくしっかりとして丁寧でした。素晴らしい!!)。

まだまだ日本ではアニソンを歌うのは恥ずかしいので、そういう状況を改善すべく頑張ってください!とお伝えしました(笑)

いろいろお話は伺えましたが、もっと積極的にならないといけないなー、と思った会でした。

まあ、留学前に感じることができてよかったです。

もっと自分に自信を持って生きたいものです。

カテゴリー: MBA パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。