RSMが急浮上

IELTSの受験にも失敗したりして凹む中、MBSに受かるかなー、なんて弱気になりながらスケジューリングをつめたり、選択肢を増やそうと検討している中、新しい道を見つけました。

オランダにあるRotterdam School of Management です。

RSMは1月入学のため、2012年1月の入学を目指します。

2012年1月の入学希望者の出願締め切りは10月3日。

RSMはローリング制を採用しているため、枠が埋まってしまえば、それまでに扉が閉じられる可能性もなきにしもあらず、ということになります。

なぜ、RSMに関心を持っているかというと、単にランキングが高い(FT2011 :36位、過去3年平均29位)、欧州のトップスクール、というだけではなく、社会的責任分野・サステナビリティの分野に非常に強いという特徴があるためです。

RSMのサイトでもその強みを謳っていますし、ビジネススクールの社会的責任・サステナビリティ分野におけるランキングとして有名なBeyond Grey Pinstripes では世界7位、欧州1位につけています。

また、オランダという国自体が多様な価値観に寛容な雰囲気であり、非常に国際的な環境でもあります。さらにオランダにはソーシャルファイナンスで有名なトリオドス銀行 があり、この銀行に対しコンタクトを取りいろいろなことを学べたらいうことはありません。

ちなみにIELTS不要GMATも600点弱でも可能性はあるそうです

ということで、留学予定が半年以上前倒しになりますが、RSMに挑戦しようと考えた次第です。

とはいえ、急な変更で実際のところどうなんだろう?というところもあり、Twitterやお世話になっている濱口塾 の濱口塾長に相談したところ、何とかなりそうという感触をつかんだので、本格的に準備を進めようと思っています。

幸いTwitter上でRSMの卒業生・在校生の連絡先がわかり、さっそく両者にコンタクトをとりました。そのうちアドミッションにもメールを送って、さりげなくアピールしていきたいと思います。

今後の予定としては下記の通り進めていこうと思います(理想の予定ですが)。

【5月】

下旬にGMAT初受験。自分の能力がどのくらいか、何が足りないかを認識する。

Mathは練習を繰り返し、回答時間の短縮を図り、VはSCのパターンの理解、RC・CRの読解力・理解力の向上を目指す。

IELTSも下旬に受験。RSMはIELTS不要でも、MBSや他の学校では必須ですので、何とかOA6.5ほしいです。

【6月】

5月のGMATで把握した弱点をつぶしにかかる。GMAT練習に重点。

一応6月中旬にもIELTS受けます。もうOA6.5とりたい・・・。ホントに。

【7月】

7月上旬くらいに2回目のGMAT。何とかここで500点後半はほしいですね。

IELTSはお休み。というか、もう卒業してるはず。もちろん、リスニングやスピーキングの練習は続けます。

また、このころからエッセイのネタ出しやCV作成、推薦状の確保にも動きます。

推薦状のことを会社の人に頼むのが一番心理的負担が大きいプロセスです・・・。

【8月】

8月にも3回目のGMATを受験予定。何とか600あればありがたいです。これならRSM、MBSともに戦えます。

M50、V25でTotal640 というのが理想の形でしょうか。

同時にエッセイもやります。RSMのエッセイは数が少なく、テーマも書きやすいので、一気に仕上げます。

塾長も比較的早く仕上げることができるとのお話。

GMATやアプリケーションの出来次第ですが、できれば8月下旬にRSMに出願したいところです。

【9月】

RSMに出願し、うまくいけばインタビューが待っています。

インタビューのカウンセラーにもお世話になりつつ、その時を待ちます。

しかし、恐れることはないでしょう。英会話もやってきているし、エッセイで自分の考えも整理されているはず。

あとは自分の思いをぶつけるだけです。

・・・が、3回の受験でGMATが不首尾なら、さらに受験しているかもしれません、4回目。何が何でも600弱はほしいところです。

GMAT、アプリケーションが整い次第、RSMに出願予定。

もしIELTSでOA6.5が出ていなければ、受験も検討・・・。

【10月】

10月にはRSMのプロセスは終わっていると思います。インタビューも含め。

早く進んだ場合、結果も出ていることでしょう。

もし合格していた場合、Offerをすぐに受諾し、留学の用意をすることになろうかと思います。

一方、MBSの1stがこの時期ですので、こちらもにらんだ対応が必要になるかもしれません。

おそらく11月の2ndの出願になると思います。それまでに必要ならエッセイなどの準備をしておくことになりそうです。

【11月】

RSMが合格なら、いろいろと留学準備をしていると思います。

会社の親しい人にはこのあたりから留学する旨を伝えるようになるかと。

会社にもその旨を言わなくてはなりません。これまた気の重い作業です。

そのほか、住居の準備、ビザ等々、やるべきことは多そうです。

また、一度RSMに見学に行きたいです。

RSMがダメだった場合、当初の予定通りMBSに焦点を当てて準備を進めます。

そのほか、可能であればNottingham にも出願しようと思います。NottinghamもCSR分野に強い学校です。

11月には出願したいですね。インタビューに呼ばれたらMBS-Nottinghamとキャンパスビジットも検討します。

【12月】

RSMに行くなら、12月の後半は有給を消化しようと思います。思いっきりバカンスです。

そして、ぎりぎりまで日本での時間を楽しみたいです。

MBSルートなら、このあたりでインタビューですね。当初のMBS愛をぶつけます。Nottinghamも同様。

【2012年1月】

RSMに合格していたら、夢のMBA生活の始まり始まり~。

MBSルートなら、この頃きっと合格をもらっているはず。

・・・とざっくりとした想定スケジュールを書き出してみました。

もちろんとらぬ狸の皮算用という面はありますが、RSMとMBSの二段構えで、以前よりは確実性が増したのではないかと思います(虻蜂取らず、とも言いますが)。

当面の目標は、日程を具体的に決めたGMATの攻略。

いきなり600は難しいかもしれませんが、できるだけそれに肉薄し、少しでも早く準備を進められるように頑張りたいと思います。

カテゴリー: MBA パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。