予備校の体験授業を受けてきました

今日は、来年から始めようと思うGMATの勉強について、GMATに強いと評判の予備校の体験授業を受けました。

TOEFLの授業だったのですが、ListeningとStructure(文法)の授業を受けました。

Listeningの授業は英語での授業だったのですが、幸い講師の英語は聞き取りやすかったです。

肝心のTOEFLのリスニングは難しかったですが。

IELTSの方が数段簡単に思えます。

一方Structreは塾長自ら日本語で行われていました。

途中からの参加だったのですが、難しい問題も丁寧に解説されていてよくわかりました。

文法はIELTSよりむしろGMATで必要になってきますので、大変参考になりました。

授業の後、塾長とお話しする時間を設けていただきました。

skypeでの通信だったのですが、こちらのマイクがうまく設定されていないようで、こちらだけチャット状態になってしまいました。

それでも聞きたいことはある程度聞くことができてよかったです。

GMATは年明けくらいから準備したほうがいいという塾長のご意見もあり、1月からの入塾を検討しています。

手持ちの現金預金だけでは足りないので(泣)、投資信託を売却して資金を用意しようと思っています。

残り数週間で景況が良くなることを期待しつつ、年内は今後のことをいろいろ考えてみるつもりです。

今年出願の方を眺めつつ、自分の現況を見ると、自分もいよいよだと思うようになってきた今日この頃です。

カテゴリー: GMAT パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。