金融都市・ソウル

今日の英語のお題は、「金融都市ソウルの競争力」について。

金融都市のランキングとしては、global financial center indexがよく知られていますが、そのランキングで、ソウルが24位にランキングされたそうです。これで半年前から4位上昇したことになります。

1位はロンドン、2位は僅差でニューヨークと不動の地位を築いています。

3位は香港、4位はシンガポールで5位に東京。6位上海、7位シカゴ・・・と続きます。

G20を開催し、意気上がるソウルですが、金融面でも成長しています。

このことについてコメントを求められたので、この順位については驚くことはないが、東京が香港・シンガポールに後れを取っているのは残念、と答えました。

しかし、東京にも明るいニュースはあります。

金融庁のHPなどにも掲載されていますが、現在株式や商品などの総合取引所構想が検討されています。

詳細は今後の検討によって具体化されていくと思いますが、多様な取引が一つの取引所でできるというのは市場の魅力としては強いのではないでしょうか。市場における取引にかかわったことがないので、実感としてはわかりませんが。

ソウルの今後についてですが、「ソウルには強みが3つある。一つは英語力。韓国の英語教育の質は高く、特に日本と比べてもレベルが高い。二つ目はリーダーシップ。日本の政治経済におけるリーダーシップは低下気味だが、韓国政府のリーダーシップは強く、市場改革が期待できる。三つ目は、韓国経済の成長。どの市場でも、強い金融市場は強い経済がベースになっており、この観点からも金融都市としてのソウルの今後に期待できる」とコメントしました。

日本(東京)も金融制度改革について様々な努力をしているところですが、大きな効果が出ているものはまだ少ないように思います。

しかし、課題があるということはそれだけ伸びしろもあるということ。

香港、シンガポール、あるいはソウルに学べるところは謙虚に学び、魅力的で活気のある金融都市・東京の復権を目指してもらいたいところです(他人事ではないですけど)。

カテゴリー: 英語 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。