GMATのGuantitativeを解いてみた

海外のビジネススクール出願に必須といわれるGMATには大きく分けてVerbalQuantitativeAWAという分野があります。

Verbalは言語能力、Quantitativeは数理的論理力、AWAは作文能力を問われます。

日本人はこのうちQuantitativeが強く、この分野で満点に近い点数を取り、Verbalの失点を極力抑えて目標点を取る、という戦略が一般的のようです。

ということで、少し早いかなと思いつつもお試し感覚でQuantitativeの問題を解いてみました。

簡単だ、と思いつつも、ときどきルールの勘違いや難しい問題などが出て、正答率は60%くらいでした。

まだまだですね。

でも、コツをつかめばこれは高得点を取れそうな気がします。

問題はVerbalですね。ネイティブも受ける言語問題なので、単語のレベルも非常に高いそうです。

しかし、ここでくじけるわけにもいかないので、IELTSの目処がついたらそうそうに練習したいと思います。

とりあえず、希望が見えてよかったです。

カテゴリー: GMAT パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です