借り暮らしのアリエッティ

ジブリの新作「借り暮らしのアリエッティ」を見てきました。

確か17日の公開だったと思いますが、たまたまサンシャインでIELTSの試験だったので、気楽に並んでいる人が羨ましかったことが印象に残っています。

それはさておき、感想ですが・・・。

やはり個々の演出の発想は面白いです。

小人の世界観が面白かったです。

ストーリーもさくさく進んで、飽きることはなかったですね。

その一方、妙にあっさりしすぎる感もあったかな。

ずーーーん、と心に響くシーンは少なかったかも。

まあ、ジブリはそういう作風じゃないかもしれませんが。

あと、少し善悪をつけすぎている気もしました。

アリエッティたちの敵の人は明らかに悪人面なのですが、個人的にはその人の言っていることも理解できるし、むしろそちらに共感を覚える面もあったので、あまり善悪をつける演出はしてほしくなかったです。

まあ、素人ですのであまり批評をするつもりもないので、あくまで個人的な感想ということで。

偶然アリエッティの制作秘話の番組を見たのですが、いろいろと工夫されていたようで、これを知っていればもっと楽しめたかも、と思いました。

いろいろと書きましたが、十分に楽しめる作品であることは間違いなく、オススメです。

カテゴリー: アニメ・漫画・ゲーム パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。