南アから世界への贈り物

スペインの初優勝で幕を閉じ・・・るかと思われたワールドカップですが、もうひとつビッグイベントがあったようです。

なんと、ネルソン・マンデラ元大統領が閉会式に登場された、とのこと。

マンデラ大統領といえば、南アフリカをアパルトヘイトから解放した、おそらくカストロ元議長と並ぶ当世一級の革命家。

最近は健康が不安視されていたうえ、親類をワールドカップ直前に亡くされたということで、式典への参加は難しい情勢でしたが、世界に向けてその存在をアピールしてくれました。

素晴らしい試合が続出したワールドカップの中でも特大のファインプレーだったと思います。

いい話といえば、決勝戦で決勝点を決めたイニエスタ選手が直後にジャージを脱いでイエローカードを受けたシーンがありましたが、実はシャツに亡き同僚へのメッセージがあったそうで、そのために冷静に反則を避けてプレーしていたそうです。

そして、最高のシーンで友へ優勝とメッセージを捧げた、という素晴らしい展開に。

本当に素晴らしいワールドカップでした。

次の野球のベースボール・クラシックはキューバで開催!?

カテゴリー: 時事テーマ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。