苦労人内閣

昨日、正式に菅内閣が発足。閣僚も発表されました。

初入閣5人、多くが鳩山内閣の閣僚が再任されたということです。

菅総理は、自らの内閣を「奇兵隊内閣」と名付けたということですが、閣僚の名前を眺めてみると面白い傾向があるように思えます。

それは、自らの意思で政治家を志し、苦労している人、また苦学している人が多いということ。

菅総理が故・市川房枝氏の下で市民活動に身を投じられた、ということはよく知られていますが、他にも、山田新農相、直嶋経産相などは苦学されたことで知られています。

また、松下政経塾出身者が3人になったということで、これも政治家への志を図る基準となるのではないでしょうか。

そういう意味で、この内閣は「苦労人内閣」と言ってもいいのかもしれません(多くは鳩山内閣内にいたので菅内閣だけの特徴とはいえないかもしれませんが)。

いろいろ論評もあるところですが、苦労人内閣には頑張ってほしいと思います。

ちなみに、昨日の英語のテーマは「菅新総理について」でした。

カテゴリー: 時事テーマ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。