証券アナリスト備忘録②

引き続き、証券アナリスト試験用の備忘録です。

先物理論価格F=S+S×(r-d)×t

:先物理論価格は、現物価格+現物の保有コスト(キャリーコスト)で構成される。

先物理論価格が実際の先物価格より低い場合、先物を買うことで裁定利益が得られる。

金利スワップ:(銀行を通じて)固定金利と変動金利を交換する。元本の交換は行われない。

為替オーバーレイ戦略有価証券運用と為替運用部分を切り離し、別個に運用(委託)する。

ヘッジなし外国証券投資のリターン有価証券のリターン+為替のリターン

ヘッジあり外国証券投資のリターン有価証券のリターン+直先スプレッド

フォーワード・ディスカウント・パズル通貨アノマリーの一種。

フォワード・レートによる予想レートはスポットレートの動きを過小評価する傾向。

低金利通貨をフォワードで売り、高金利通貨をフォワードで買うとミスプライシングによる利益を得ることが期待できる。

債券価格の変化率-D’(修正デュレーション)×Δr+1/2×CV(コンベクシティ)×Δr×Δr

カテゴリー: 証券アナリスト パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。