DNAの使い方

今日の英語のテーマは「DNAの使用について」。

先日、カリフォルニアで、DNAによって30年ほど前の殺人事件が解決したそうです。

その時に決め手になったのがDNA情報だということです。

一方、日本ではおなじくDNA情報が冤罪の解明のきっかけになったのは周知の通り。

他にどんな用途が考えられる?という話になって、

孤児が親と対面する時に、当局が血縁関係を調べるのに使える、と答えました。

他にも、クローンにも使えそうですね。

30年前の事件でもDNA情報が仕えたというのはすごいですね。

事項の問題を考えるときに証拠の保存の問題も出てきますが、保存の方法によっては30年間もつ場合もあるというのは、参考になりますね。

カテゴリー: 英語 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。