無人島に持っていく本

もしも無人島に本を一冊だけ持っていくなら・・・

 どのくらいの期間いるかにもよりますが、難しくて読むのに時間がかかりそう&深くて実のある本、ということになるでしょうか。
 
とはいえ、宗教や哲学関係の本は読むのが苦手です。経済(学)関係は無人島で読むのはむなしい・・・。
 
したがって、持っていくとなると、歴史関係又は中国の思想関係の本になるでしょうか。
 
孫子』や『論語』、『十八史略』やブローデルの『地中海』(図書館でパラ見したらおもしろそうでした)などがいいかもしれません。
ただ、『地中海』は分厚い本数冊にまたがっているので、条件は満たさないかも。
 
 
三国時代・魏の董遇の言葉に『読書百篇義自ずから見(あら)わる』というものがあります。
すなわち、本を百回読めば、著者の言いたいことが自然と分かってくるということです。
 
常々やってみたいとおもっていたこの言葉、無人島で時間を自由に使えるなら是非実践したいと思います。
 
また、董遇は『読書三余』という言葉も遺しています。読書の時間は、やることのない夜・冬・雨のときにとればいい、という意味です。
これはよく社会人の自己啓発について言われることですが、時間は作ろうと思えばいくらでも作れるということでしょう。
 
 
無人島とまではいきませんが、GWには読書の時間を思い切り満喫したいと思います。
カテゴリー: 読書 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。