死に様について

今日の英語のテーマは「Art of dying」。

ギリシャの哲人・プラトンの最後の教えは「practice dying」だそうです。

でも、死をイメージしたりすることはできても、実際に経験することはできないわけで、その時にはあたふたするんだろうなあ、とコメント。

また、日本のTako Tokitaka House Cord(多胡辰敬家訓)の「命は軽く、名は重く(Lives are not important, but names(reputations) are important)」を紹介。

英訳が合っているか否かはわかりませんが。

そして、自分もそうありたいものだけど、とコメントしました。

でも、正直に死ぬのは怖いとも言っておきました。

まだまだそのような境地には遠そうです。

カテゴリー: 英語 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。