即興のトークのために

今日の英語のテーマは、即興のトークのためにカットアンドペーストを使う、という話でした。

例えば、春について語れ、と言われて、

「4月になって春を迎えるわけですが、春はとても活気のある季節で好きです。学校も会社も新年度になって希望に満ちていますし。有名な俳人の小林一茶も『雪溶けて村いっぱいの子供かな』と詠んでいます。また、春は桜の木の下でお酒や美味しいご飯を食べながらのお花見などのイベントもあって楽しいです。」

と話しました。2分間でしたが、今の英語力では結構大変です。

そういえば、昨日IELTSのインタビューの練習をしてもらったのですが、その中の2分間の自己紹介でも、2分間話すネタが思い浮かばず困ってしまいました。2分間は長いです。

まあ、自己紹介くらいはちゃんとネタを考えて練習しておけば対応は可能でしょう。

ともあれ、本番のインタビューではこのテクニックをぜひ活かしたいです。

カテゴリー: 英語 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。