kindle上陸

米Amazonが世界中で電子読書機器「kindle」を販売するようです。

日本のAmazonのサイトでも大きく宣伝しています。

価格は279ドル。現在のレートで25000円くらいといったところでしょうか。

約1500冊の本を保存でき、1タイトルあたり約10ドル。日本だと新書とハードカバーの間くらいですね。

でも、少なくともアメリカの感覚では3分の1くらいのようで、かなり安いです。

また、1回の充電で約2週間使用できるそうです。

現在のタイトルは約28万冊ですが、将来的には「全ての書籍を全ての言語で」提供することを目指すとのこと。

これはすごい。

kindleはアメリカでも人気があり、贈答品にもよく選ばれているそうです(この値段で!)。

個人的には、本は紙で見たいと思いますが、そのあたりの感覚についてもディスプレイ上の配慮がなされているようですので、使ってみるとハマってしまうかもしれません。

本当に書籍革命は起こるかもしれませんね。

カテゴリー: 読書 パーマリンク

kindle上陸 への2件のフィードバック

  1. Bryan のコメント:

    SECRET: 0
    PASS:
    ほしいです^^;
    雑誌で見てから気になってました。
    でもやっぱりがっつり勉強する本は紙がいいですね。
    その辺使い分けができそうですね。

  2. ゆーけー のコメント:

    SECRET: 0
    PASS:
    勉強するには本ですね。
    kindleだと書き込みできないでしょうし。
    もしかしたらDSみたいに書き込み機能も付くのかもしれませんが。
    その辺は使い分けということになりそうですね。
    旅のお供にはよさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。