油断大敵

9月にTOEFLを受けることが決まり、KaplanのTOEFL実戦ソフトでReadingの問題を解いてみました。

まず、問題が多いです。60分で大問3問。100分で5問の場合もあるそうですが、これだけでゲンナリ・・・。

とはいえ、解いてみないと始まらないので少し解いてみることに。

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・

・・・

む、難しい。

別の問題集だと結構いけそうな感じだったのですが、土地勘のない分野だったこともあったのか、かなり苦戦。

Readingは得点源にしなければならないセクションなのですが、まだ道は長いと実感。

ちなみにテーマは「ライ麦畑でつかまえて」でした。

カテゴリー: TOEFL パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です