樅ノ木は残った

前から読みたいと思っていた山本周五郎『樅ノ木は残った』を古本屋で見つけて読みました。

江戸中期、仙台藩で起こった内紛「伊達騒動」と、家老・原田甲斐(宗輔)をテーマにした小説です。

従来、原田甲斐は仙台藩の家政を乱した悪臣とされていましたが、その評価を見直す先駆けとなった小説として知られています。

作中でも、原田は幕府から仙台藩を守るために悪い役を一人で引受け、かつ冷静に、淡々と過ごす人物として描かれています。

彼は、どんなに周りから悪く言われても、また仲間からもブウブウ言われても、そしてどんなにストレスをため込んでもそれに押しつぶされることなく、最後の最後まで自分の役割を果たしていました。

彼が本当に何を考えていたのかは今となってはわからないですが、少なくとも作中の原田甲斐の姿を見ていると勇気づけられる思いです。

樅ノ木は残った (上) (新潮文庫)/山本 周五郎
¥660
Amazon.co.jp
樅ノ木は残った (中) (新潮文庫)/山本 周五郎
¥620
Amazon.co.jp
樅ノ木は残った (下) (新潮文庫)/山本 周五郎
¥660
Amazon.co.jp
カテゴリー: 読書 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。