社史

今日は仕事がヒマだったので、大正海上(三井海上、現三井住友海上)の社史を見ていました。

社史を見ればその会社の文化がわかる、ということをどこかのサイトで言っていましたが、確かにそうかもしれないな、と思って読みました。

前職でも社史の原稿を作成したことがあり、結構きれいごとを書く(いいことは大きく前面に、悪いことはできるだけオブラートに)こと方針で書いていましたが、大正海上のものは、結構失敗や反省点も赤裸々に、こんな書き方OKなの?というところまで書いていて、これも企業文化かと思いました。

近い世代のこともしっかり反省している社史を出している会社は従業員としても外部の人間としても信頼できるのではないかな、と思いました。

そういう意味では、前職の会社はビミョーかも。

カテゴリー: お仕事 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。