信長の経営塾

織田信長の経営塾 (幻冬舎文庫)/北見 昌朗
¥560
Amazon.co.jp

織田信長が現代によみがえったらこんな経営指南をするだろうな、という内容の本です。

筆者は賃金コンサルタントで、さまざまな制約条件の下で、どのようにしたら社員にモラールを与えられるか、というテーマです。

結論としては、

・攻めの経営

・優秀な社員には厚く報い、できない社員と差をつける

・そこそこできる忠実な社員も大切にする

・社員に夢を与える。賃金で報いることができないときは特に

・信賞必罰

・小さい組織なら、トップが全て把握し、仕切る

という感じです。

確かに、現代に欲しいリーダーに信長がいつも挙げられるのがわかる気がします。

カテゴリー: 読書 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。