米国退役軍人長官に日系3世就任

報道によると、オバマ次期大統領は退役軍人長官に、日系3世のエリック・シンセキ氏を起用するとのことです。

退役軍人省とは、退役軍人の福利厚生その他関連事項を所管するということですが、いわば退役軍人のための厚生省といった感じでしょうか。

おそらく日本の場合、防衛省か総務省、あるいは人事院あたりの一部署が退役自衛官の福利厚生を所管するのでしょうが、このあたりは、やはりアメリカの大きさ、アメリカにおける軍人の存在感を感じます。

この前には女性初の大将も誕生したそうですが、黒人大統領や日系退役軍人長官等々、アメリカにおける多様性の発揮が活性されているようですね。

カテゴリー: 時事テーマ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。