先人は大切に

今日、ネットサーフィンをしていたら、昨年の日本シリーズの落合監督の采配(完全試合目前の山井投手の交代)について、元中日監督の与那嶺要氏のコメントを見つけました。

与那嶺氏といえば、日本プロ野球界に米国野球を持ち込んだ大功績者ですが、まだご健在だったとは。

そういえば、「フジヤマのトビウオ」古橋広之進氏や、巨人V9監督の川上哲治氏も健在。

財界はここのところかつての大物が相次いで逝去されているのが残念です。

もちろん、後に続く有能な人材はたくさんいらっしゃるのですが。

先達といえば、原爆の被爆経験者も徐々に減ってきていると聞きます。

被爆者に限りませんが、こういう先達の話に触れる機会はできるだけほしいものですね。

カテゴリー: スポーツ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。