靴の補修

紳士モノの靴を履き続けているとかかとの部分がすり減ってきます。

特に私の場合、同じ靴を頻繁にはき続けるので、かかとのゴムの部分(表面)だけでなく、木の骨(?)の部分まですり減ってきました。

このままだと歩くときに姿勢が悪くなるかもしれないし、かといって買い替えるとお金がかかるし、お気に入りの靴だし、ということで、かかとの部分を補修することにしました。

今回お世話になったのは、接着剤で有名なセメダイン社の「シューズドクターN」。

シューズドクターN
出所:セメダイン社ホームページ

作業は簡単で、かかとぶぶんにプラスチックの壁(型)を貼り付け、そこにかかとのすり減った部分を補うゴム素材を流し込み、ヘラでならすだけ。

半日から1日乾かせば完成です。

できはといえば、もちろんよく見ると補修したのがバレバレなんですが、意識せずに距離をおいてみると、ほとんどわからないくらいです。

かかとがすり減ってお気に入りの靴をどうしようかと迷った際にはオススメです。

カテゴリー: その他生活等関連 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。