上司とのお付き合い

珍しく遅くまで仕事をしてたので、上司と深く話し込むこととなり、そのままお酒を飲みに行きました。

最近の若い人は上司との飲みニケーションを敬遠するという話を聞きますが、私は結構上司と飲みに行くのは好きですね。

まず、上司は社会人経験・業務経験が豊富なので、そういう経験を生々しいことも含めて聞くことができるというメリットがあります。お酒が入ってるとついつい饒舌になってしまうものです。

また、そういう機会をとらえて上司とコミュニケーションをとっていると、日常の業務もしやすくなります。感情的にハードルが低いと相談・報告もしやすいので、仕事がスムーズにできると思います。

専門的な仕事・細分化された仕事になると、周囲とのコミュニケーション不足から、お見合い(個々の分担の挟間の業務を誰も拾わない)や責任の不明確さなどの問題が生じやすいものですが、上司や同僚とのコミュニケーションを普段からとっておくことが、そういうリスクを軽減することにつながるのかな、と思います。

そういう意味では、うちの会社ももっと飲みニケーションがあってもいいと思うのですが、上司も部下もお互いを誘いにくくなってるのでしょうか・・・

カテゴリー: お仕事 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。